部分痩せは可能か

ダイエットをする際、二の腕や顎回り、ふくらはぎなど特定の部位だけを引き締めたい、という人がいます。特に女性の場合、全体的に体脂肪を下げると、バストダウンにも繋がってしまうので、痩せたいところだけどうにかしたい、と考える人が多いのでしょう。あるいは、部分的なダイエットなら、全身のダイエットよりも速効性が高い、と考えているのでしょうか。
いずれにせよ、結論から言うと、部分的に体脂肪を減らす方法はありませんが、筋力トレーニングで部分的に引き締めることは可能です。

体脂肪には落としやすい部分と落としにくい部分がある

体脂肪は、つきやすい場所とつきにくい場所があります。
いちいち説明するまでもなくわかっているとは思いますが、つきやすい場所は、顎回りやお腹など、つきにくい場所は腕やふくらはぎなどですね。
当然、これらに個人的な差はありません。
脂肪はいざという時のエネルギーであり、その貯蔵庫となるべき場所は最初から決まっています。
ですので、痩せる=体脂肪を減らす、と定義するならば、部分痩せは不可能、ということになります。
腹筋を鍛えたからといって、お腹の脂肪が優先的に燃焼するというわけではありません。

ちなみに、脂肪はつく時は、お腹や顎回りからつくのに対し、落ちる時は、逆にお腹や顎回りは最後になります。

部分痩せしやすい部位とは?

特定の場所だけ集中的に脂肪を燃焼させることはできませんが、筋トレ等でシェイプアップすることは可能です。
例えば、お腹の筋力が弱まると、特に下腹の辺りがぽこっとなってしまいます。
内臓の重みが関係していて、本来、腹筋には内臓の位置を固定する役目もあるからなのですが、年齢や運動不足と共に腹筋が弱まると、内臓の重みに耐えられなくなって下腹が突き出る格好になってしまうわけです。

こういう場合は、腹筋を鍛えれば、お腹はへこみますが、決して体脂肪、特に内臓脂肪が燃焼されたわけではありません。

お腹の他にもお尻や女性の胸なども、その部位の筋力をアップさせることで、引き締めることが可能です。
そういう意味では、これらの部位は部分痩せしやすい場所と言えます。

部分痩せしにくい部位は?

反対に部分痩せが困難な場所は、鍛えにくい場所やもともと脂肪がつきにくく、垂れ下がったりしないような部分です。
よく女性は足、特にふくらはぎを細くしたい、と塩を塗ったり、サランラップをまきつけたりといろいろ頑張る人がいますが、効果は一時的です。足がむくんでいる場合などは、そういったマッサージ等で、むくみを取ることはできますが、これも一時的なものですぐにもとに戻ってしまいます。残念ながらふくらはぎは部分痩せがしにくい場所なんですね。

どうしても部分痩せしたい、特定の場所だけ痩せたい、という場合、エステサロンや美容外科に通ったりして、高価な機器を使って施術を施す必要があります。が、当然ですが、これらにはお金がかかります(笑)。

できれば、部分痩せはあきらめて、全体的に体脂肪を落とすようなダイエット方法を選択したいものです。

管理人おススメのダイエット方法はこちら

おススメのダイエット食品

  • ダイエットプーアール茶(お試し970円)
    体に負担をかけないダイエットとして人気のプーアル茶のお試しセットです。これだけですぐに効果が現れる魔法のほうなお茶ではありませんが、飲み続けていると、少しずつ効いてきます。
  • わたしとよりそうスムージー
    話題のチアシードとグリーンスムージーの組み合わせで置き換えダイエットに最適。今の流行を追うならこれですね。ここから買うと初回購入特典(半額+送料無料)です。

関連記事一覧

PAGE TOP ↑