朝ご飯を抜くとダイエットや健康によくない?

朝ごはんを食べるべきか抜くべきか。ダイエットや健康にとってどちらが良いのか、いろいろな意見があるようです。
一時流行になった朝バナナダイエットや朝フルーツダイエットに代表されるように、朝ご飯なし派は、現在もたくさんいる一方で、朝ごはんを抜くのは健康にもダイエットにもよろしくない、といった反論意見も根強く存在します。
一体どちらが正しいのか、結論は出ていないようで、理由は、人それぞれの生活習慣や体質も複雑に関係しているからでしょう。
ただ、筆者は、朝食はしっかり食べておいたほうが良い、と考えています。

朝食をしっかり食べることのメリット

まず、朝食は食べたほうが良い、とする意見の主張をまとめてみます。

脳のエネルギーはブドウ糖

タンパク質やビタミン、ミネラルなど栄養素にはいろいろありますが、私たち人間の脳にとってエネルギーと呼べるのは実はブドウ唐だけで、ブドウ糖が不足すると、脳はその働きを弱めます。
寝ている間もブドウ糖は消費されるため、朝起きた時、ブドウ糖は不足気味の状態になっているので、つまり食後ブドウ糖へと消化される炭水化物(白米やパン)を朝ごはんのメニューに加えないと、脳は十分に活性化されず、午前中の学業や仕事に対し集中力が不足気味になってしまいます。

お通じが良くなる

朝ごはんをしっかり食べることで、胃腸が刺激され、排便作用が働きやすくなります。
人間には体内時計というものがあって、毎日決まった時間に決まったことをする、というのが便秘改善に効果的。
便秘の改善はダイエットの問題だけではなく、健康面において非常に大切なので、そういう意味でも朝食をしっかり食べることには意義があります。

お昼の食べ過ぎを防ぐ

朝ごはんを抜くと、お昼を食べすぎてしまったりします。そうでなくても、人間は空腹感が強くなりすぎると脂肪吸収能力が高まるため、お昼ご飯が脂肪として吸収されやすくなります。食事間隔のあきすぎはダイエットに良くないと言えるわけです。

朝食を抜くことのデメリット

と、ここまで、朝食をしっかり食べたほうが良い、という意見をまとめてみましたが、今度は、朝食を抜いたほうが良いという意見や反論をまとめてみます。

朝ごはんを抜いても糖質不足にはならない

人間は糖質を取りすぎると脂肪に変え、糖質が不足すると脂肪を燃焼して糖質に変えるます。
なので、朝炭水化物を摂取しなくとも、脂肪が燃焼され、ブドウ糖が補充され、脳のエネルギー不足どころか、かえってダイエットに良いとも言えます。

食事の回数は少ないほど良い

ダイエットにおける理想的な食事の回数と間隔で食事の間隔はあけすぎても、詰めすぎてもあまりよくないと書きました。
問題はあけすぎと詰めすぎ、どちらのメリットやデメリットがより大きいか、黄金バランスはどこか、ということですが、現在の医学ではまだ結論は出ていないようです。
が、朝ごはん抜く派の人たちは、胃腸への負担やデトックス等を重視し、食事の回数は少ないほうが良い、と考えていることだけは確かです。

朝ごはんを抜いた分、夜たっぷり食べれる

夜ご飯は朝や昼に比べて太りやすいのですが、しかし、夜は誰かと一緒に食事をすることなどが多く、ただ物を食べるというだけでなく食を楽しむという意味合いもあります。
朝ごはんを抜いた分を夜に食べても、一日の総カロリーは一緒。
なら、朝ごはんは少なくして、夜ご飯をカロリー等を気にせずに、友人たちと楽しんで食べたほうが、ストレスもたまらずに健康にも良いはず、という理屈です。

結局、朝は抜いたほうが良いの?食べたほうが良いの?

いろいろまとめて比較してみた結果、朝ご飯抜きを主張する人は、無理のない生活、特に精神的な部分を重要視しているように感じます。朝しっかり食べろ、と言われても、朝ごはんなんか作ってる暇ねーよ!みたいな感じでしょうか(笑)。

筆者は、朝はしっかり食べたほうが良い、と考えているほうですが、実はあまり朝食べません(笑)。
食パンとリンゴとバナナくらいです。
何故、朝をしっかり食べないかと言うと、面倒だから、です(笑)。
しかし、完全に抜くのはまずい、とも思っていて、結果として、中途半端な朝食のとり方をしているわけです。

が、以前、病院に怪我で入院していたことがあるのですが、その時は問答無用で朝は用意されたものを残さずしっかり食べていました。
その時の便通の良いことと言ったら(笑)。
おまけにその間、体重も2週間で5キロほど痩せ、ニキビ等もなくなったという経験があります。
当時は、規則正しい食事がこんなにも美容やダイエットに効果があるとは、と本当に驚いたものです。
その時の印象が強く、今でも朝はしっかり食べたほうが良い、と思っているわけです。
また、朝起きると、筆者の場合、お腹はぺこぺこ状態にあるため、お昼まで我慢するなんてできっこない、というのも理由の一つですが、朝ごはん食べない派の人によれば、慣れればどうってことはなくなるそうです。

結局、どちらが良いのか。正直、私には判断できません。
理想的な食事の回数や間隔など、医学的にも結論が出ていない以上、おそらく誰にも結論を下すことはできないのです。

だからもしあなたが今まで朝食を取らずに健康的な生活を送れているなら、それを続けても問題はないのかもしれません。
ただし、今まで朝ごはんを食べていたのに、ダイエットのために明日から朝を抜く、というのであれば問題です。

急激な食生活の変化は、いろいろと健康面に負の効果が出る可能性があります。
そんなことをしなくてももっと簡単で健康的なダイエット方法があるので、まずはそちらを試してみることをお勧めします。

管理人おススメのダイエット方法はこちら

おススメのダイエット食品

  • ダイエットプーアール茶(お試し970円)
    体に負担をかけないダイエットとして人気のプーアル茶のお試しセットです。これだけですぐに効果が現れる魔法のほうなお茶ではありませんが、飲み続けていると、少しずつ効いてきます。
  • わたしとよりそうスムージー
    話題のチアシードとグリーンスムージーの組み合わせで置き換えダイエットに最適。今の流行を追うならこれですね。ここから買うと初回購入特典(半額+送料無料)です。

関連記事一覧

PAGE TOP ↑