ダイエットにおける理想的な食事の回数と間隔

食事は1日3回。それがベストであるかのように昔から言われていて、多くの人がそれに従っていると思われます。
しかし、ダイエットの観点から言えば、理想的な食事の回数や間隔は、必ずしもそうではないようです。

何故1日3回なのか

何故、1日3回の食事が理想的、というのが定説となったのか。
その理由は以下にあります。

  1. 食事間隔をある程度あけないと胃腸に悪い
  2. 食事間隔をあけすぎると脂肪が蓄積しやすくなる
  3. 毎日規則正しい時間に食べるのが良い

まず1から述べると、あまり食事の間隔をあけずにいると、胃腸が消化のために絶えず働いている状態になり、休まる時間がありません。
胃腸が食べたものを消化するという行為は非常に多くのエネルギーを必要とします。
一回の食事でフルマラソンに匹敵するくらいのカロリーを消費するそうです。
病気になると、食欲がなくなるのは、胃腸の消化活動で体力が消耗するのをできるだけ避けるためなんですね。

一般に胃の中のものが消化されるには白米で2時間、消化が悪いと言われる肉類でも3時間以上かかります。
勿論、これは単独で食べた場合で、一緒に野菜など食物繊維を含む食材をとっていた場合は、更にかかることになります。
そういった意味で食事の間隔が3時間以内とかだと、胃腸が過労状態になるため、できれば食事の間隔は5時間程度は、開けたほうが健康に良いのでしょう。

また2ですが、食事の間隔をあけすぎ、空腹になりすぎると、人間は栄養をよりよく吸収しようとする機能が働き、今度は脂肪の吸収率が高くなっていまいます。とすると、食間はあけすぎるのもダメ、と言えそうです。

そして3。人間には体内時計というものがあって、毎日昼の12時に昼ご飯を食べていると、その時間になるとお腹が減るようにできています。お腹が減った状態のほうが食事は一段と美味しくなることを考えれば、毎日同じ時間に食事をとるのが理想的と言えます。

以上3つの理由からも、1日3回、間食も含めると4回程度、毎日同じ時間にとる、という食事方法は健康的な食生活を送る意味で、非常に理にかなっていると言えると思います。

ダイエットと言う観点でみた理想的な食事の回数と間隔

が、スポーツ選手の肉体改造を専門とするフィットネスクラブなどでは1日8回の食事などを行っています。
人間は食事の際にも、カロリーを消費しますので、少しでも食事回数を増やそう、という理屈が働いているのでしょう。
また、お腹がすきすぎると、栄養の吸収質が高くなりすぎる、という点からも、お腹がすく前に食事をしたほうが、脂肪がつきにくい、という考え方もあるのでしょう。

が、同じようなことを栄養学の素人がやろうとすると、健康を損なう恐れがあるので要注意。
というのも、上記のフィットネスクラブ等では、1日8回の食事指導では、胃腸に負担をかけないよう、消化の良い食べ物かつ脂肪のつきにくいものを選んでいます。といっても、やはり過剰な回数の食事は、どうしても体に与える負担も大きいので、24時間体制で患者の体調管理も行っています。プロテインやサプリメントも使用して、徹底的な栄養管理も行っています。

これが一人でできるか、と言えば、ほとんどの人には無理なはずで、多くの場合は、体調を崩して、ダイエットどころではなくなるのがオチです。

そう考えれば、やはりプロの指導を受けられない人は、昔からの定説通り、朝昼晩の1日3回の食事と3時のおやつくらいが理想的なのではないでしょうか。

勿論、これはケースバイケースで、人によって違うので、必ずしも1日3回である必要はありません。
筆者は自身のダイエットの際、1日5回(間食2回)を行っていました。1日3回の食事と間食はフルーツのみ、です。
フルーツは消化も良く胃腸にも優しいので、これくらいなら、それほど健康的にも問題はないと言えるでしょう。

が、何度も言うように、仕事の都合等で、食事の時間にそんなに融通が利かない、といった人も少ないくないはずです。
そういった場合は、できるかぎり、食事の間隔をあけすぎず、詰めすぎないことだけを考えて、あまり無理をしないようにしましょう。無理は、健康を損なうばかりか、モチベーションの低下にも繋がるので、あまりこだわりすぎないほうが良い、と言えるのかもしれません。

管理人おススメのダイエット方法はこちら

おススメのダイエット食品

  • ダイエットプーアール茶(お試し970円)
    体に負担をかけないダイエットとして人気のプーアル茶のお試しセットです。これだけですぐに効果が現れる魔法のほうなお茶ではありませんが、飲み続けていると、少しずつ効いてきます。
  • わたしとよりそうスムージー
    話題のチアシードとグリーンスムージーの組み合わせで置き換えダイエットに最適。今の流行を追うならこれですね。ここから買うと初回購入特典(半額+送料無料)です。

関連記事一覧

PAGE TOP ↑