冷え性だと太りやすいのか?

いろんなダイエット方法を試してみてもなかなか痩せれない、という人は珍しくありません。
ダイエットには、その人の遺伝体質や生活習慣が大きく影響するので、全ての人にとってのベストの方法というものはないんですね。いろいろやっているのになかなか体重が減らないと言う人の場合、いろいろチェックポイントはあるのですが、まずは冷え性を疑ってみてください。

冷え性=痩せにくい体質

冷え性とは、簡単に言うと、内臓の温度が低く、血行が悪くなっている現象を指します。
夏でも手や足の指先が冷たいとか、便秘と下痢が交互にやってくる、なんて人は、高確率で冷え性の可能性があります。

ダイエットに関していうと、血行が悪いと、代謝が悪くなります。基礎代謝はダイエットを成功させる上で、重要な項目ですので、冷え性のために血行が悪い=基礎代謝が低い=痩せにくい、と言えるわけです。
ちなみに内臓温度が1度下がると、基礎代謝は約12%も下がってしまうそうで、塵も積もればで長期的に見れば、大きなマイナスと言えます。
他にも冷え性による血行不全は、むくみや肩こり、便秘、にきび、あるいはアレルギーや老化の原因でもあるため、ダイエットや美容だけでなく、健康にとっても百害あって一利なし。できれば、一日でも早く改善したいものです。

冷え性の改善方法

冷え性改善には3つの方法が効果的。
一つは腹巻等の衣服による保温。内臓を温める効果があります。ちなみに電気毛布やカーペットなどの電気による保温は電磁波の影響で、逆に血行不良になることが医学的に解明されているそうです。
真冬などは電気毛布を使っている人が多そうですが、これは冷え性改善にはNGです。
冷え性の人は湯たんぽなど足元から温まるような保温方法を選びましょう。

運動や半身浴も効果的

運動や半身浴も血行不良の改善に効果が高いです。得に運動は脂肪燃焼効果もあるため、ダイエットにも◎。
激しい筋トレ系の運動よりもウォーキングなど、有酸素系の運動を長時間行ったほうが、血行促進の意味でも脂肪燃焼の意味でも効果が高いのは言うまでもありませんね。

冷えを解消する食事

当然ですが、食事は冷たいものよりも暖かいもののほうが良いです。生野菜よりも温野菜スープのほうが良いと言えます。
夏場はどうしても冷たいものを取りすぎるため、胃腸の温度が下がって、冬場よりも胃腸の調子が悪くなる人が多い季節です。
夏場でも、できれば暖かい食事をできればとりたいものです。

ちなみに、血行を促進し、冷え性を改善する食材としてショウガと酢が有名です。
ショウガ湯なんか、最近では夏でも飲みやすいものが売っているので、毎日飲む癖をつけるとダイエットにも効果が期待できます。

管理人おススメのダイエット方法はこちら

おススメのダイエット食品

  • ダイエットプーアール茶(お試し970円)
    体に負担をかけないダイエットとして人気のプーアル茶のお試しセットです。これだけですぐに効果が現れる魔法のほうなお茶ではありませんが、飲み続けていると、少しずつ効いてきます。
  • わたしとよりそうスムージー
    話題のチアシードとグリーンスムージーの組み合わせで置き換えダイエットに最適。今の流行を追うならこれですね。ここから買うと初回購入特典(半額+送料無料)です。

関連記事一覧

PAGE TOP ↑